専用のテープで跡残りも怖くない!|レーザーで手早くほくろ除去

女性

クリニックで悩みを解消

顔

意外に長所の多い切除法

ほくろ除去といえば、昔はメスで切り取ってもらう方法しかありませんでした。最近では、レーザー照射によるほくろ除去が一番人気があるようです。やはりメスで切るということに対する、痛みを伴いそうなイメージが関係していると見られます。ただ、ほくろはほとんどの場合、ウオノメなどよりも小さなものです。ウオノメの治療にはスピール膏(サリチル酸絆創膏)による治療のほかにメスで切り取るという方法もあります。この場合麻酔が覚めた後に1日程度痛みが出ることがありますが、ほくろの場合の切開跡はウオノメより小さいため、痛みといっても問題になるほどではありません。メスによるほくろ除去は切除縫縮法といいますが、この方法でほくろ除去をする最大のメリットは、ほくろをその日のうちに、短時間でスッパリと取り除くことができるということです。レーザー照射でほくろ除去を行う場合は、何度か施術を繰り返す必要のある場合もあるのです。また、切除縫縮法の場合には一度取り除いたほくろが復活することはまずありません。このため、今後はレーザーだけでなく、切除縫縮法のメリットも見直されていくと思われます。

術後のテープは指示通りに

レーザー照射によってほくろ除去をした場合は、術後に傷口に貼るテープを渡されることがあります。美容クリニックによっては、テープではなく軟膏の場合もあります。これらのテープや軟膏はレーザー照射によってダメージを受けたほくろ除去の跡の皮膚を保護し、傷跡が残らないようにするためのものです。クリニックにより3週間くらい貼り続けるようにと指示されることもあるので、面倒くさがりな人などは途中でやめてしまうこともあります。しかしこの処置を怠るとほくろ除去の跡をキレイに治すチャンスを逸してしまうことになるので、辛抱強く続けるようにしましょう。メスでほくろ除去をした場合にも場合によってはテープを渡されることがあります。それがレーザーのときと同じ種類のテープである場合は、傷口の乾燥を防いで治りを早め、跡が残らないようにするのが目的の湿度を保てるタイプのテープです。一方乾いたタイプのテープもあります。傷口が少し大きめの場合など、日常生活の中での動きによって傷口が引っ張られると跡が残りやすくなるため、傷口を固定するためのテープです。いずれの場合も、医師の指示通りにきちんと使うことが大切です。専用のテープで跡残りも怖くないので、積極的に使用していきましょう。

目立つほくろ対策

顔

ほくろは、いつの間にかできてしまうものです。基本的には良性で問題はありません。しかし、皮膚がんの一種などもほくろと似通っている場合があるので注意しましょう。化粧品などでほくろを目立たなくしてみたり、また、どうしてもほくろ除去をしたい場合には、クリニックなどで治療を受けてみるのもいいでしょう。

詳細を確認する

ほくろ気になっていますか

美容整形

ほくろで悩んでいる方は、いろいろ調べたうえで、美容外科等で治療してもらうことをお勧めします。ほくろの治療は現在ではレーザーを使った痛みのない治療で、料金も思っていたほど高くないと感じると思います。皮膚科、形成外科、美容外科で評判のいい病院を探して治療してみてください。ほくろ除去は意外と簡単です。

詳細を確認する

顔や手足の気になるほくろ

美容整形

ほくろは体のどこにでもできる可能性があり、位置によっては気になるものです。ほくろ除去はレーザーや電子メス、液体窒素などを用いて手軽に行える整形手術です。料金も高くなく施術にかかる時間も短い上、傷跡も残りにくいので人気です。

詳細を確認する

ほくろの除去法

注射

ほくろ除去は皮膚科での治療が望ましく、小さいほくろは「炭酸ガスレーザー」での除去法、5ミリ以上のほくろの場合は「切除手術」が選択されます。レーザー治療は痛みが殆どなく、短時間で除去が可能です。切除手術は術後に数日間痛みが残りますが、レーザーよりも仕上がりが綺麗なのが特徴です。

詳細を確認する

顔や体の悩みとサヨナラ

女の人

ほくろ除去は、自分で行わないこと、きちんと病院で検査を受ける事が重要です。また、施術方法は簡単で、すぐにほくろを取り除くことができます。一人で抱え込まず、まずは気軽に病院へ行ってみることをオススメします。

詳細を確認する