専用のテープで跡残りも怖くない!|レーザーで手早くほくろ除去

女性

顔や体の悩みとサヨナラ

女の人

病院へ行ってみましょう

顔や体にほくろがない人はいません。ほくろは、時に自分の顔や体をセクシーに見せてくれたりするパーツでもありますが、そのほくろで悩んでいる、という人も少なくありません。顔にたくさんほくろが合って恥ずかしい、イボのような大きなほくろがあって恥ずかしい、など、ほくろに関する悩みはたくさんあります。しかし、現在はその悩みを解決できるほくろ除去というものが存在します。その名の通り、顔や体にあるほくろを取ってしまう、というものです。ほくろに悩んでいる人がやってはいけないことは、自分でほくろを除去する、ということです。ほくろは、その性質上見た目ではわかりにくいですが、ほくろではなくメラノーマという皮膚がんである事もあります。そのような場合、自分でがん部分を傷つけることによって、不本意に転移したり、悪化したりする可能性もありますので、ほくろ除去を検討している方は、まずは病院へ足を運んで、ほくろの状態を検査してもらい、適切な治療を行うことが重要です。

施術方法やメリット

では、病院でどのような施術を行うのか、ほくろ除去の方法・メリット等を説明します。ほくろ除去には様々な方法がありまが、まず一番の疑問は、美容整形外科、皮膚科、どちらで手術をすれば良いのか、という所だと思います。結論としては、どちらでも、ほくろ除去の手術は受ける事が出来ます。ただのほくろでなく、大きかったり色が赤みがかかったりしていて、ほくろではなく違う出来物などの疑いがある場合、皮膚科での施術がオススメです。美容整形外科で手術を受ける場合は、保険の適用は聞きませんが、仕上がりの美しさを重視して施術を受ける事が出来ます。また、その方法ですが、レーザー治療というものが一般的です。レーザーを当て、ほくろの原因となっている細胞を壊します。5〜10分で終わり、痛みも少なく簡単な方法です。また切除手術という方法もあります。ほくろが大きいものの場合などに、直接ほくろを切除してしまう方法です。直接メスが入るため、ダウンタイムは長めですが、メラノーマの可能性がある人などは、レーザー治療には向かないため、この方法がオススメです。